胃がん早期発見治療|ほぼ完治転移なしでがんを克服

このエントリーをはてなブックマークに追加
病院

胃がんとは

先生

胃がんは、早期発見と早期治療が行えればほぼ完治する病気です。一般的な胃がんの初期段階であれば、転移することも少く再発もしないため完治することが出来ます。しかし、放置していたりスキルス胃がんである場合は注意が必要です。

この記事を読む

転移しやすい場所

先生

胃がんは、初期段階であってもリンパ節に転移している場合があります。しかし、その場合は手術などで胃の悪性腫瘍と一緒に摘出することで完治することが可能です。そのため、胃がんの早期発見は大切になります。

この記事を読む

胃がんの治療

先生

胃がんは、早期発見が出来れば胃を全摘または、一部や転移したリンパ節などを切り取って十二指腸と繋げることで消化機能を保ちながら普段通りの生活を送ることが可能なのです。

この記事を読む

早期発見の大切さ

胃がんの転移が心配ならこちらのサイトでがんについての知識を身につけることができますよ。治療法の幅が広がります。

最先端の免疫細胞治療はコチラのクリニックで導入されています。副作用も少ないので安心して治療をすることができます。

病院

将来日本人の2人に1人は、何らかなのがんになる可能性が高いと言われるほど日本人のがんの発症率はとても高いです。がんは悪性腫瘍ができた場所の名前にがんと付けられます。がんの罹患率は、男性と女性では異なり男性の罹患率1位から3位が、胃がん、前立腺がん、肺がんとなっています。女性では、女性特有の乳がんが一位となっており続いて大腸がん、胃がんとなっています。罹患率では、どちらも入ってるいるのが胃がんです。それだけ胃がんというのは男性と女性どちらでもなりやすいがんの一種といっても過言ではありません。しかし、これだけ患者数が多い胃がんですが、胃がんの初期症状はとても分かりにくく、早期発見しにくいというのが現状です。

胃がんに限らず、がんという病気は発見が遅れれば遅れるほど治療が困難になる病気です。しかし、初期段階での自覚症状が分かりにくい胃がんは、少しの変化も見逃すと命取りになるといっても過言ではありません。がんという病気は初期症状が比較的、風邪など一般的なものと似ており気づきにくくしっかりとした検査でしか発見をすることができません。そのため、自覚症状が出にくい胃がんなどのがんのタイプは、気づいたときには身体中に転移をしている可能性があるため、初期段階の自覚症状に見られる症状があればすぐに医者の診断を受けることが大切になります。がんという病気は、早い段階で発見することができればほぼ完治させることが可能な病気です。おかしな症状が続いていたり、違和感を覚えることがあればすぐに病院へ足を運ぶことが大切です。また、定期的な検査をしておくことが胃がんやそれ以外のがんの早期発見に繋がるので大切です。